海に浮かぶ巨大な負の遺産

大阪にはところどころに、不思議なアパートが存在します。
他所から来た人が見たら「それなに?」といった聴きたく繋がる珍妙な器グッズ。
舞州のゴミ加療仕事場なんか最たるものですが、これはまったく活躍しているのだからいいです。

2013時代に閉館になった「なにわばかりの時空館」
眩しい球体が海の上に浮かぶ斬新なアパート。
誠に176億かけて作って大赤字で閉館になった商品なのです。
希望隔りにお客様が入らなかっただけあって、知らない人も多いのじゃないかと思いますが
何気に凄まじいサロンだったのです。
どでかい帆船が球体の館の中央に置かれていて、こういう船を入れてから民家の屋根を載せたという前代未聞の建て方だったのです。
建築もポール・アンドリューの品物ですし、陳列品もそれはそれはユニークで繁盛でした。
こちらがここを訪れたのは2012時代で、閉館の少々年間前述でした。
確かに知人は若干だし、周辺のお店はシャッターが閉ざされているし、駅舎から民家に貫く裏道は草ぼうぼうで…「これ、ダメなんじゃないの?」は思いましたが。

大阪府の大きな希望隔りで、開館からちょっと13時代で閉館になりましたが、
今も未だに海に浮かんです通りなのです。
滅ぼすにも経費かかりますよね。
あそこに残る陳列品、随分高価というんですよ・・・・。

http://デリケートゾーンの黒ずみ解決.xyz/