これもまた初めてのストックだ

白髪が気になり動き出し、自宅で手軽に使用できる小物を何だかんだ試してから数か月が経ちました。やっぱり手軽で安価なものを求める人も多いようで、最近は白髪用のヘアカラートリートメントも数多く発売され、評定なども賑わってある。確かに手軽ながらそれなりには染まり、一定の効果はあります。但し、案の定色々マイナスもあるのが本心だ。クリエーターにて大きく違うのが本当に印象で、コレがお断りという長く使い続ける意思にはなれません。そうして、髪も染まるが浴室も染まるというのもはなはだ厄介なところです。薬液を飛ばしまくって要るわけではなく、流すときのお湯で階がうっすら染まって行くのは哀しいものです。そうして何より生えたての少ない頭髪まで染めるのはトリートメントではハードルが高いすぎます。本格的な白髪染めを購入すれば良いのかもしれませんが、これもまた生え際まで自分で染めるとなると不器用な俺には障壁がおっきいすぎます。いっそ早く純白になってくれたほうが楽なんじゃないか、白髪を隠したいならウィッグの方が良いんじゃないか程度、何やかや思ったりもしますがこういう問題はしばし貫くんでしょうね。通常、一旦美室で綺麗に染めてもらおうということで、初めての白髪染めを体験してきました。若い時にケバイ髪色あいとしていた日数以来のことですが、代金のことを気にしなくて喜ばしいならやっぱりコレが一番楽だわ~と実感した次第です。退化に伴う初体験、これからも増えて赴きそうです(涙)

https://musee-navi9.com